12月, 2013年

12月22日荒川河川敷

2013-12-22

12月22日のかのの会は、荒川河川敷訪問でした。

11 12

前回、「入院した」と聞いた方にお会いできた。
生活保護になり、退院後は施設に入っているとのこと。(貧困ビジネスと言われる悪質な施設だが、役所は「退院後、路上に帰さないだけでも親切だろう」くらいに思っているのではないか)
前回、「入院した」と教えてくれたご友人の方に「最初は施設に入っても、そこからアパートに転居する申請ができます」とお話ししたのが、ご本人に伝わっていたようで、今日は僕たちが来るのをわざわざ河川敷に来て待っていてくださったとのこと。
連休明けに、不動産屋さんと弁護士さんに支援を依頼することになりました。

22 24

工夫の物干し竿!

31 32

猫のおうちもちらほらと。

41 42

終了後は、お好み焼きともんじゃ!

44 51

「市民活動のとても大切な原点と思います。」

2013-12-08

一人ひとりに、それぞれのドラマがあり、必要に応じて専門サポートを実施。

でもこちらから押し付けるような売り込みは無し。かのの会に、サポートの成果目標は存在せず、ただそこにいる方々と関わりを持ち、心を配り続けています。

カリスマ不要、当たり前の日常の出来事として。市民活動のとても大切な原点と思います。

〜30代女性〜

12月8日荒川河川敷

2013-12-08

12月8日のかのの会は、荒川河川敷訪問でした。

食べ物と湯たんぽ・靴下を配りました。

1 2

お一人入院されたと、近くの方が教えてくれました。
近いうちに、お見舞いに行けたらと思います。

2233

子供がちょくちょく、石を投げるなどのイタズラをしてくるとのこと。
むかし殺された人もいたそうで、防犯のため、小屋の周りに空き缶を敷いていると。

21 34

烏骨鶏のエサの草を採っているおじさん。
えさやり体験させていただきました。

41 43

おさんぽ日よりでした。

51 52 53

12月5日別所沼公園

2013-12-07

12月5日のかのの会は、中浦和駅周辺と別所沼公園を歩きました。

11 12

3名の方とお話できました。
2週間前に失職した方、事業に失敗した方。

13

生活保護の制度については、全く知らない方、知っているけど「集団生活の施設に入れられて、お金もほとんど取られてしまうらしいから」と、あきらめている方。

21 22

おにぎりや果物とともに、相談会のチラシと『路上からできる生活保護申請ガイド』を渡しました。
寝ておられる方々にも、置かせていただきました。

 

31 32