1月13日荒川河川敷

2013-01-14

1月13日、今回から二手に分かれて、従来コースと新規コースをまわることになりました!

従来コースは、東洋大学と埼玉大学の学生さんが参加!手作りケーキを、河川敷のおじさんに振る舞いました☆

新規コースでは、10軒以上の小屋にお声かけし、留守の小屋にも相談会チラシ、『路上からできる生活保護申請ガイド』、ラーメンやカイロなどを置かせていただきました。

お話してくださったお一人は、20代に仕事で片目を失った。本来ならば手厚い保障が受けられたはずが、会社の都合で労災手続きをさせてもらえず、不当に解雇された。労災には時効があるため、もう保障は受けられない。河川敷の小屋で生きていくすべを身に付けられてはいますが、生活保護を受けるという選択肢もあることをお伝えしました。また、年金が受給できないか、調べてみることになりました。

一見暗くて深い竹やぶ。勇気をだして入ってみると、中は意外と広くて明るい。さらに進むと、小屋がありました。

帰り道は、公園をまったりと歩く☆